便利なオンラインショッピング

便利ですよね。

育児休暇中から1年たつと

without comments

現在育児休暇中、先日息子が無事1歳を迎えました。 それとともに育児休業給付金が終了。 育児休暇はもう少し長くあと一年半は取っているので、それまではついに主人の給料一本の生活になります。 主人は、本人には決して言えませんが、なかなかの安月給です。 大卒で安定した職種についているとはいえ、この安さはなかなかツライ。 しかも昇給の見込みもあまりない職種です。 出産前は共働きだったので、それで貯蓄も作りながらのやりくりをしていました。 ところが主人の給料だけになると、ローンで毎月10万円、奨学金で2万円、そして光熱水費や通信費など必要経費が出ていくと、残るは雀の涙。

1歳になる今までは育児休業給付金を切り落として使っていましたが、これからは貯蓄切り崩しの生活。 貯蓄といってもそんなに潤沢に貯金ができているわけではありません。 じゃあさっさと復職すればいいじゃん、という話なのですが、一歳児を抱えて復職なんてすれば反対に速攻やめさせられそうな職場で。 今まで残業と休出でなんとか成り立ってきていたのに、熱を出したりなんだかんだで休むなんて…ありえません。 三歳以降の復帰でも不安を抱えているくらいですから。 それに、家になかなか帰ってこれなくなるのが見えているので、なんとか3歳までは一緒に過ごしたい。 3歳まで休ませてもらえるのはありがたいけど、このお金のジレンマは一体どうしたらいいのでしょう。 一生懸命稼いできてくれる主人にはこんなことをなかなか言えません。 最近は自分の物なんて一つも買った覚えがありません。 食料品と、必要な消耗品と、ほんの少し子どものおやつやおもちゃ。 それ以外はひたすら倹約と節約の毎日です。 ほんのたまにで良いから、お外に出てごはんを食べたり、友人とお茶したりしたいなぁ。 子育て中はぜいたくな話なんでしょうか。

子供用の家具も最近はネットで安くて、でも可愛かったりお洒落なものを注文しています。参考→安い家具(http://xn--n8j521h82gdf.jp/

3歳まで抱っこし放題なんて無責任に言う前に、こういう現状を見てほしいですね。 抱っこし放題したいですよ、一緒にいたい。 けど、どこかで復職しないと厳しいかな、なんて不安に思う毎日。 たまにはお金のことなんか考えずに生活したいです。

 

Written by horichanda

10月 4th, 2014 at 11:32 am

Posted in 未分類

私の学生時代は、終始お人好し。

without comments

私は高校を卒業しても、やっぱり変わることなく世間知らずでした。学生時代は子供のままでした。世渡りの要領を得てきたような気がするのは、本当に最近です。
人に嫌われたくないため、目の前の相手の都合がいいようになってしまったのです。当時、私は使い捨てされてしまうのです。
サークルに入っても自分を失い、バイトを初めても本音を言えないまま日々が過ぎました。心から思っている事を言えたのは、やはり家族だけでした。家の外の人間に対し、考えを述べたりすることは恐怖でした。ついつい自分を装ってしまった学生時代を今さら取り戻す事が出来ません。
学生時代の私はお人形さんのようだったので、先輩に逆らうことも無く、ペコペコしていました。後輩に対しても似たような態度です。後輩には本来であれば偉そうにしてもいいはずなのだけれど、そうも行かなかったのは私ぐらいです。
飲み会に誘われたら、出席率は90%以上です。イエスマンだったのです。今の私ならば、有り得ない事です。
近年の私は大きく変わりました。リバウンド効果が出てしまったかのようです。好き嫌いがはっきりした本当の姿を今ならば隠しません。好きな人には自分から近づく努力をします。嫌な奴が近づいてきたら、表情に明確に出せるのです。学生時代の私には出来なかった表現です。
自分が行きたい場所に行くことも少なくて、周囲の友人や先輩に合わせてばかりの学生時代。便利屋さんとまでは言わないけれど、ボランティアばっかりなダメな私!といった感じです。バイトやって収入が有ったのにも拘らず、親からもお小遣いゲットしたりして、どうしようもない子だったのです。

周りのみんなが何かを購入すると私も同じように購入したり、旅行に行くとなれば、お金がなくても行くと言って、お金を消費者金融で借りて参加したこともありました。(学生ローンでお金を借りるのにおすすめできる低金利の金融業者
ちょっとイメージの良い大学に属していたため、周囲の人間も私に対してうるさいことを言ってこなかったです。
御人好しな性格は損ばかりです。意見を言えなかった学生時代は、今思えば最悪な思い出です。周囲に流されないキャラクターを貫けなかった私は、単なるダメな子だったのです。当時は強さが無かったのです。
ケンカしたくないとか、もめごとは避けたいだとか、どっちかって言いますと女々しかったのです。

Written by horichanda

9月 11th, 2014 at 2:22 pm

Posted in 未分類

初めての連続で大興奮、お金を数えるっていいな

without comments

私は25歳の会社員ですが、だいたい3年前になるでしょうか、日産のパルサーという車を中古で購入したのが一番高い買物です。

当時は60万円ぐらいだったと思いますが、人生初の車というか貯金を全額使ったのでとても思い入れのある買物でした。

60万円を貯蓄するのに、バイトを掛け持ちしたり、短期でお歳暮のアルバイトをすることもありましたね。社会人になってからも給料の中から少しですが貯金に回して、やっと60万円を貯めることができた感じでしたね。それを全額使うのはちょっと嫌だったのですが、ローンを組むのも自分的に嫌だったので、また一から貯金をがんばろうという気持ちにもなったので現金で支払いをしました。

車については無頓着な性分だったもので、車好きな友達2人に付き添ってもらって何度もカーショップに足を運んだものです。私は人見知りといいますか、車を勧めてくれる店員さんの言葉より、友達2人のアドバイスのほうを聞いてしまうから、ほんと車種をひとつ絞るだけでも色々大変でした。

ちなみに、そのとき初めて保険というものにも加入して、なるほど色んなタイプの保険があるんだなと感心もして、逆にいえば色々ありすぎて何が一番自分に合ってるのか決めるのが大変でした。目で見える買物だったら意外とすんなりお金が出せるのに、どうも保険というやつは目に見えないし終わりがないので迷いますよね。

色々手続きを済ませて、いざ納車という段階を迎えるときも緊張はしましたが、それでも実をいうと私が一番心に残っているのはカーショップで現金を渡す場面のほうかもしれません。

支払当日、銀行で60万円をおとして封筒に入れてそれを店員さんに渡す。そのとき、私はてっきり一枚一枚手で数えるものと思っていましたが、なるほど現金を数える専用の機械があるんですね。ウイーンという軽快な音とともに、あっというまに福沢諭吉が60人と数えられて液晶画面に表示されるのです。あれには驚きました。

今考えてみれば、それもそうですよね。私にとっては60万円が最高額でしたが、普通に100万とか200万とか支払う人もいるわけですから。私もいつか、3桁の大台を使ってみたい思って貯金生活に勤しんでいる毎日です。

Written by horichanda

5月 27th, 2014 at 11:58 am

Posted in 未分類

ジュエリーが好き

without comments

私はジュエリーが大好きです。自分の指輪やネックレスやピアスなどを公開しているブログも書いています。もう4年ほどになります。

OLのころに、父に初めて成人式のお祝いでダイヤモンドのネックレスを買ってもらってからというもの、すっかりジュエリーが好きになっていきました。

自分で初めて買ったのは、ルビーとダイヤモンドのついた18金の指輪でした。 そのころは、ダイヤモンドのグレードとか全く知りませんでした。

でも、自分が仕事で頑張っているという理由をつけて、指輪を買うことが多かったです。独身のころは18金のファッションリングを沢山買いましたね。

ネックレスはなぜか父が通販などで購入してくれることがありました。 でもネックレスのほとんどが現在は残っていません。すべて切れてしまったからです。私が持っているのは指輪とピアスの方が多いです。

でも18金のピアスも半分ほど紛失しました。片方だけのピアスが多いです。そう考えたら、なんか勿体ないですね。。。 でもジュエリーって次から次へと買ってしまうんですよね。

この4月から消費税が上がるという事もあったので、増税前の3月に、私はかなり沢山のジュエリーを買いました。 指輪とピアスで、結構な金額分買ってしまいましたよ。

お金が無くて、ちょっとレディースローンでお金を借りる事にしたんですが、増税後の事を考えたら無理してでも購入しておいた方が確実にお得ですからね。

今回は一番好きなブランドの公式サイトから指輪を数点買いました。 あと、その後に誕生日もあったので、楽天のジュエリーサイトからネックレスとピアスとダイヤの入った指輪も買ってしまいました。

今部屋には、ちょっとしたショップが経営出来るぐらいのジュエリーがありますよ(*^▽^*)

ちょっと買いすぎてしまいましたかね。。。

Written by horichanda

4月 17th, 2014 at 3:36 pm

Posted in 未分類

家計を預かる大切な役目

without comments

専業主婦といえば、旦那さんが外で働いている間、家事をこなし、子供がいれば子育てをし、親が同居ならば介護など、生活に関わる一切のことをこなすものです。
旦那さんのお給料をそのまま預かる場合や、一定額を毎月預かるなんていうタイプもあるでしょう。いずれにしても、決まった額で生活の支出を管理しなくてはなりません。
何も変わらずに同じ生活ならば問題はないのですが、予定外の出費がある場合に困ります。

例えば子供の病気。通院代はバカになりません。病院絡みで言うと、突然の友人などのお見舞い金。それに急に親戚が来ることになって食事の用意をしなければならない時など、予測不可能な出来事はたくさんなります。
その度に犠牲になるのはやはり食費。他は金額を抑えることが難しくても、食費。

それでもどうにもこうにもいかない時は消費者金融を利用したことが一回だけあります・・・

参照;主婦が消費者金融を使う

主人には一生懸命に働いてきてもらっているのでそんなことは口が裂けてもいえませんが、本当にその月だけはお金がなくて困ったんですよね(>_<)

こんなことがまたあるかもって思うと不安すぎるのでもう少し子供が大きくなったら働きに出ないとまずいなって思っています(>_<)

Written by horichanda

3月 28th, 2014 at 4:58 pm

Posted in 未分類

家から出ません。

without comments

最近は本当に便利な世の中になりましたよね。

インターネット社会になってからは、パソコン一つあれば家で何でも出来ますもんね。

買い物なんかは、食材以外はネットでしか買わなくなりましたね。

何でも揃ってるし、安く買えるし、わざわざ買い物に行く必要が無いですからね。

もう、オンラインショッピングの虜ですwww

Written by horichanda

3月 3rd, 2014 at 3:01 pm

Posted in 未分類